”いそのみや”の家の構造と機能

e4bc8ae99b91e5aeae 1024x616 - ”いそのみや”の家の構造と機能

それを見たのは9歳の時でした。回廊と列柱がある家のビジョンが突然頭にひらめいたのです。それは繰り返し繰り返し脳裏に現れました。ぜひ実現したい。そう思えるほど、こどもの心をとらえて離しませんでした。広告の裏に懐かしいその家の間取りを描いて描いて描いて・・・。でもそれは「絵にも描けない美しさ」だったのです。

核家族にシュタイナー

そのようなビジョンに導かれるようにやがてこどもはママ建築士になりました。けれども、回廊と列柱がある家という形だけでは図面は描けません。それは誰が使い、どんな暮らし方をされる建物なのか。

シュタイナー教育実践園に子どもが通い始めたころのことです。核家族で子育てに行き詰っていたママ建築士にシュタイナーは新しい世界を見せてくれました。にじみ絵、キンダーハープ、羊毛の糸つむぎ・・・それはおとぎの国のような不思議な世界。

芸術が子どもの体や感情、心を育てていくように、ママ建築士の病んだ心を癒していきました。ママたちがあつまってシュタイナーをやる会が自然とできました。「ママたちが仕事をしたり勉強するまわりを自由に遊ぶ赤ちゃん」というスタイルの”マリアの会”は創造の場所でした。これが「回廊のある家」にいる人々の原風景になりました。

シュタイナーは面白くて、建築士は”言葉”の考察にひかれていました。天体とアルファベットの関係、音階と天体の関係、色と天体の関係、人の臓器と天体の関係などそれはそれは興味深いものでした。

日本の神宝(かんたから)ー日本語

それから20年もたってから建築士は『ホツマツタヱ』に出会いました。そこには日本語の成り立ちが記されており、文字を札にして書かれたことも記述されています。ことばは単なる音ではありませんでした。物事を現実に表すために使われていました。つまり、言葉は「創造」そのものだったのです。

日本のことばのことを五十(いそ)と表現されることを知ったのはそれからすぐのことでした。
「あいうえお」×「atkmhrnysw」で50です。五十の宮(いそのみや)。それは日本に残されている現実創造の秘密でした。この片りんをシュタイナーで20年も前に知っていました。完成形はなんと日本にあったのです。

9歳の時に回廊と列柱のある家の形が降りてきて、シュタイナー保育園でのマリアの会でそこに暮らす人々が誰であるかを知り、その道が”いそのみや”という住まいのあり方にスッと通じて開いていきました。

アマテルカミの遺言「ゐごころ まもれ」

『ホツマツタヱ』に天照大御神の遺言ともいえる「キミトミノコシノリノアヤ」があります。
セオリツヒメとワカヒメに対して次のようなノコシノリが記されています。

またきさき ひろたにゆきて
わかひめと ともにゐこころ
まもるへし われはとよけと
をせをもる ゐせのみちなり

伊勢の道がここに語られています。

ゐごころは、女性性がまもれと語られています。ちなみにローマ字変換で「ゐ」は「wi」と打ちます。
いろはにほへとの中に「うゐのおくやま けふこえて」という一説がありますが、この場合の「うゐ」とは、有為と書き、現象世界のことを指すようです。「う」とか「ぅい」という音はおなかに響きますね。物事を現象化する、生み出すという感覚があります。仏教の言葉に真空妙有(しんくうみょうう、からっぽでありながらすべての有がある)という言葉がありますが、「ゐ」は、その状態を表していることばにも思えます。

いそのみやの建築様式

いそのみやのテーマは「ゐせのみち」、そして五十鈴です。その理想をもってして、実際の建築にどのように落としていくか、ということをやっていきます。

イヤシロチ化

最初に取り組むことは、その土地がどのような性質をもった土地かを知ることです。日本の土壌が作物を作るのによい土地かどうかを調べた方がありまして、現在では動植物とも健康に成育する良い土壌は大変減ってきていると言われています。そうしたことをある程度は自分で調べることは可能です。

問題は調べた結果、どのような対処法を取ったら実際の数値として向上するのかということです。地相鑑定士や結界コンサルタントなど、そうしたことを調べる専門家もいます。

■ 土地の浄化
■ 土壌整備
■ 地磁気調整

シェルターとしての家の機能・性能

新型コロナで自宅療養などする場合に非常に困難である問題が露呈したことは記憶に新しいところです。外からくる花粉やPM2.5やウィルス、放射能を除去する機能の他にも、内部で発生する湿気や様々な病原菌にどのように対策できるのかなど、まだまだ住宅の機能・性能に関する課題も多いものです。

神社は、活断層に対処するアースパンクチャーであるという一面がありますが、家の一軒一軒にもアースパンクチャー機能を持てれば日本の国土は強くなります。

■ 土地の性質にあった建築様式
■ 家族の利便性と機能性
■ 大黒柱を立てる
■ エコ住宅(高気密高断熱、換気)
■ ZEH住宅(ゼロエネルギー化)
■ エネルギーに限らず、自給できる資源

プランニング

間取りや家のデザイン、モノの選び方、プランニングの概要をきめてイメージを膨らませて家づくりをします。北欧風や南欧風といったようにデザインで決めるのも一つですが、選ぶ素材で外観が決まることも良くあります。

■ 「アースパンクチャーとしての家を建てる」などのテーマ
■ 健康住宅(バウビオロギーなど)
■ 外装材、内装材
■ 家族動線を考慮しつくしたプランニング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る