トイレの手すりリフォームはDIYでもOKか?

DIYトイレの手すり

小室哲哉さんが引退会見をしました。

小室哲哉さんの引退会見に思うこと

介護が大変なことなどに言及したことから、東国原氏は「残念なことで声をかける言葉が見つからない」としながらも「現在介護をしている家庭はなん何百万人もいる。引退に介護が理由であるとは述べてもらいたくない」という趣旨の言葉を語っていました。たくさんの家庭が介護で苦しんでいること。介護での苦しみから逃げることを肯定しない、という理由でのコメントなのでしょうか。

何の保険もない時代は、大家族制の中の長子が家を継ぐという仕組みで、長男家族を中心に親の介護が為されてきたのです。
それが崩れたのが、子どもは長男次女に関わらず平等に相続を受ける権利を定めた相続制度からだと言われています。
世話をしてもしなくても同じ権利が認められるのですから。
いくら献身的に介護をしようと嫁には相続権がないことも問題でした。

医療費がかさんで「介護は家で」と流れを押し戻すにはそれなりの法整備も必要です。
その努力の一つがバリアフリー化住宅への優遇税制や補助金があります。

法律がどうのと言ってもやはり親子ですから、家で一緒に暮らせることは一つの形ではあるはずですし。

data - トイレの手すりリフォームはDIYでもOKか?

トイレに手すりがないので、取り付けたいのですが

”父が病気で1カ月入院したのですが、退院後驚くほど足が弱くなってしまったようです。
歩くのにだいぶ苦労し、トイレでも座るのに大変なようで、ふたにもたれかかりついに割れてしまいました。
蓋については近くのホームセンターで相談し修理しようと思っているのですが、トイレの中に手すりを設ける場合どこに相談したらいいかわからなくて困っています。
トイレの左右に頑丈な手すりをつけたいのですが、材料を購入して自分で取り付けることもできるのでしょうか。
ホームセンターで見たところ、思ったより安価で購入できるので自分でやってみようかと思っています。
両側の壁はコンクリート打ちっぱなしです。どのような方法があるか教えてください。”

この場合は、たまたまトイレの蓋の取り換えのためにホームセンターを訪れて、丈夫そうな手すりが安く売られているのを発見した、という状況でのご質問でした。
リフォームの悩みってどこへ相談したらいいかわからないですよね。
家を建てる工務店に言うまでもないようなことは特にどこへ行ったら問題が解決できるのかわからなくて悩んでしまします。

トイレの手すりを取り付ける方法【下地別】

トイレに手すりを付けるという問題の前に、まずは、トイレの蓋の交換についてお話します。

トイレの蓋の取り換え

この質問のように、便器の蓋のみが壊れた場合は、ご自分で取り換えることができます。
品番を確認しメーカーに問い合わせるか、ホームセンターなど設備機器の取扱店に聞いてみます。
トイレ蓋の場合数千円代から手に入るものですから、部品代よりも工賃の方が高くついてしまう場合もあります。
便座のみであれば自分でやってみるのもいいです。

ただし、洗浄や温水便座が壊れた場合は、コネクターが内蔵されており、専門業者以外が分解したり修理することはできません。
その場合には、リフォーム会社や水道設備会社などに依頼をします。

トイレの手すりをコンクリート打ちっぱなし壁に取り付ける方法

取れの手すりを取り付けるためには、取り付ける壁や手すり自体が、手すりにかかる荷重に耐えられることが前提となります。
コンクリート打ちっぱなしの壁に手すりを取り付けるには、コンクリート壁に必要な間隔でアンカーボルトを打ち込み、手すりを取り付けることになります。
強度的には問題はないのですが、あらかじめアンカーしたものではないので、壁内の鉄筋に湿気が入り込んだりする原因になりやすいデメリットはあります。
できるだけアンカー部分の破損を抑えることが大切です。

トイレの手すりをプラスターボード壁に取り付ける方法

プラスターボードは体重を支える強度はありません。
プラスターボードを張り付けている下地の間柱に手すりを取り付けていきます。
問題はその間柱がどこにあるか見た目ではわからないことです。
板張りで、釘が表から見えている場合は判断できますが、プラスターボードの間柱の位置を正確に探知することは、目視や道具ナシではなかなかむつかしいことです。
プロでも探知機を使用します。
もし、間柱がない、見つからないという場合には補強用の木板を取り付けた上に手すりを付けるという方法をとります。

ちょとまって!トイレに手すりを取り付けてドアが開きますか?

手すりを付ける事だけに注目していると、トイレの広さのことを忘れてしまっていたりします。
手すりを取り付けた場合、壁からの手すりのでっぱりは 7.5㎝~10㎝になります。
その分トイレの幅が狭くなるのです。

この質問の場合「両側に」とありますが、それは不可能なことが多いです。
それでなくとも狭いトイレです。
住宅用トイレの手すりの場合、L字型にするなどして一面のみに取り付けるのが基本です。
トイレのスぺ―スを考えて取り付け計画をしましょう。

トイレの手すりを自分で取り付けることは可能か?

たかがトイレ、されどトイレ。
「ホームセンターで安い手すりを見つけてきたから買ってきた!」
「ホームセンターに売ってるんだから自分で取り付け可能でしょ?」と簡単に考えすぎると失敗します。
壁の素材に合った止め金物が付いていなかった、トイレが狭くなりすぎて無理だった、となると無駄な買い物になってしまいます。
手すりを買うのは“トイレの手すり設置計画青写真”ができてからでも遅くはありません。
大げさなようですが、そのようにして空間把握することはプロならばだれでもやっていることです。
また、難しい工事もあります。
例えばコンクリートにアンカーボルトを埋め込むような場合はプロに依頼しましょう。

トイレの手すりを取り付ける工事の相場

トイレの手すり取り付け費用の相場を調べてみました。

手すり本体価格

取り付けタイプの手すり相場:約1,000円~約3.5万円 幅17㎝で一点支持の手すりからあります。
工事要らずの置き型手すり相場:約4,000円~約4万円
移動式手すり相場:約7,000円~約1万円
取り付け工事不要のコの字型手すりは、簡便に使えそうです。

デメリットは、「移動してしまう」ということです。
寄りかかって移動してしまったり転倒して危険なこともあるかもしれません。
使用方法などよくメーカーによく聞いてから使用しましょう。
トイレが狭すぎて固定式の手すりが取り付けられないという場合は、移動式の手すりもあります。
これについても、力の掛け具合で転倒することが無いように注意する必要はありそうです。

手すり取り付け工事

トイレの手すり取り付け工事(材料費込):約2万円~約7.5万円

バリアフリーリフォームには補助金が出る

トイレの手すり。それは命を守る大切なツールです。
とはいえ、家じゅうに手すりを設けることがかえってリハビリ効果を無くしてしまうこともあります。
お風呂、トイレ、階段など適切な場所に過不足なく取り付けることが重要になります。

手すりにかかる荷重は平均で107kgとされます。
倒れるのを支えたり、引っ張ったりという荷重は、体重を支えるより大きな力がかかっているのです。
安易に考えるとケガに繋がりますので注意が必要です。

安全第一に考えるならば、バリアフリー補助金を受け取ることができる事業者に見積もり発注することをおすすめします。

catwhiskersさんによる写真ACからの写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る