ウィズコロナの熱中症予防エアコン換気法

換気システム

緊急事態宣言が解除されて、新型コロナが第二波を迎えようとしているこのごろ。熱中症が心配な季節になりました。マスク、暑いですからね。ただ暑いだけじゃなく、脱水を起こし熱中症になってしまうとしたら大変です。さらに台風や豪雨の多い季節、避難所生活は厳しいものになります。職場などの「エアコンを掛けたいけどコロナが心配だし、換気はどうしたらいいの?」の疑問を解決します。

密室化を避けるエアコンの掛け方

エアコンを掛けて窓を閉め切っておくと、ウィルスはどうなるのでしょうか。エアコンを運転するとき、吸い込んだ暖かく湿った空気は、冷却され湿度を減らして室内に再利用されます。そうすることでエネルギー効率を良くする効果もあります。ただ、コロナウィルスは、病院のセントラルヒーティングで広がったというニュースがあったように、空気の再利用システムで広めてしまった面があります。なので、エアコンがついていても窓を開けて行う換気は必要とされています。

換気は、一部屋に二箇所の換気口を作ります。空気の入り口は狭く、出口は広めにとります。エアコンをつけたまま、30分に一度窓を開けると良いと専門家は言っています。

でも、これからの季節、せっかく冷やした部屋に暑くて湿気たっぷりの空気が流入してしまいますね。折角の省エネエアコンも、これではあまり意味がありません。緊急事態の応急措置として「窓を開けて換気する」ことは致し方ないとしても、もっと永続的に室内換気を考えるなら、もっとエアコンや換気システムについて考える必要があります。

日本では花粉症で悩む人も多く、お隣の中国からは黄砂やPM2.5が流れ込んでくるという環境にあるので、花粉やPM2.5やニオイなどの問題解決のため、空気清浄機能がついたエアコンは出始めています。そうした空気清浄機付きともいえるエアコンでは、新型コロナウィルスには効くのでしょうか。

空気清浄機能がついたエアコンはコロナに効くのか?

まず、各社の空気清浄素ステムとその効用について調べていきます。

シャープ2020年モデル 「Airestエアレスト」

■空気清浄技術/プラズマクラスターNEXT:イオン濃度50,000個/1㎥
■空気清浄システム/広い面積での集塵・脱臭フィルターと高濃度イオンで空間、カーテン、壁などのカビ菌・ニオイを除去
■空気清浄時間/5分:8畳
■空気清浄種類/トイレ臭、料理臭、ペット臭、汗臭、生ごみ臭、たばこ臭、浮遊菌、浮遊カビ菌、浮遊ウィルス、ほこり、PM2.5 、たばこの煙、花粉 ※すべての浮遊菌、浮遊カビ菌、浮遊ウィルスに有効ということではありません(各1種類の試験による)
■価格/14畳用:182,070円(価格.com)
Airestエアレスト

パナソニック2020年モデル「Eolia(エオリア)Xシリーズ」

■空気清浄技術/ナノイーX:水から生まれたイオンが通常の空間の1,000倍濃度
■空気清浄システム/ナノイーXイオンを吹き出す
■空気清浄時間/臭気濃度が半分になるまで約60分
■空気清浄種類/家庭の8大カビ、13種類の花粉、生活5大臭(タバコ、ペット、焼き肉、生乾き、汗)、PM2.5、浮遊菌、付着菌、ウィルス、ダニ※すべての浮遊菌、浮遊カビ菌、浮遊ウィルスに有効ということではありません(カビ8種類、ウィルス1種類の試験による)
■価格/18畳用:237,799円(価格.com)
Eolia(エオリア)Xシリーズ

富士通2020年モデル「ノクリアXシリーズ」

■空気清浄技術/プラズマ空気清浄
■空気清浄システム/熱交換加熱除菌とプラズマ除菌
■空気清浄時間/花粉捕獲6分で99%減、ウィルス抑制120分で99%減
■空気清浄種類/カビ、ウィルス、PM2.5、細菌、たばこ、花粉※すべての浮遊菌、浮遊カビ菌、浮遊ウィルスに有効ということではありません(各1種類の試験による)
■価格/18畳用:224,972円(価格.com)
ノクリアXシリーズ

日立の2020年モデル「白くまくんプレミアムXシリーズ」エアコン

■空気清浄技術/ステンレスイオン空気清浄
■空気清浄システム/通風路、フラップ、フィルターにステンレスを採用。チタン熱交換器と銀イオン除菌
■空気清浄時間/花粉捕獲6分で99%減、ウィルス抑制120分で99%減
■空気清浄種類/カビ、菌※すべての浮遊菌、浮遊カビ菌、浮遊ウィルスに有効ということではありません
■価格/18畳用:269,422円(価格.com)
白くまくんプレミアムXシリーズ

ダイキン2020年モデル「うるさらX」

■空気清浄技術/ストリーマ空気清浄
■空気清浄システム/外気や外の水分を取り入れて換気と内部清浄および、加湿も可能※内気も取り入れる
■空気清浄時間/
■空気清浄種類/
■価格/18畳用:182,151円(価格.com)
うるさらX

三菱電機の2020年モデル「霧ヶ峰FZシリーズ/Zシリーズ

■空気清浄技術/ピュアミスト空気清浄
■空気清浄システム/電気を帯びた水ミストで清浄
■空気清浄時間/花粉:5時間、菌:8.5時間、ウィルス2.58時間、カビ菌2.75時間
■空気清浄種類/菌、ウィルス、カビ菌、花粉※すべての浮遊菌、浮遊カビ菌、浮遊ウィルスに有効ということではありません(各1種類の試験による)
■価格/18畳用:215,388円(価格.com)
霧ヶ峰FZシリーズ/Zシリーズ

イスラエル製エアコン型家庭用核シェルター レインボー36V

■空気清浄技術/外部の空気から居室を遮断する
■空気清浄システム/特殊フィルター、室内の高圧化
■空気清浄時間/ 
■空気清浄種類/VXガス、サリンなど神経ガス、窒息材、催涙剤ガス、血液ガス、無力化剤、ペスト、天然痘、エボラ、動植物毒素、ウィルス、細菌、放射性物質、バイオ、ケミカルなど
■価格/定価280万円
レインボー36V

コロナを無力化する空気清浄機能付きエアコンは出ていない

日本の空気清浄機能がついたエアコンでは、ウィルス除去にも効力を発揮する機種があります。ただし、すべてのウィルスを無力化するわけではないので、新型コロナに有効かどうかはわかりません。ダイキンの「うるさらX」は、室内の空気を循環させるのではなく、外の空気を取り入れて換気するシステムを採用していますので、閉め切った中でエアコンを使うよりは、室内コロナの循環機会は減るシステムになります。それでも自然換気を併用することを奨められています。

自然換気をしながらエアコンを掛けるというのもなんだかなー。効率が悪すぎませんか?
2,000年代に入り「シックハウス症候群」といって、新建材から出るホルムアルデヒドなどの有害物質を屋外に出すために、24時間換気が必要となりました。そして、世界で推進されるCO2削減に向けた省エネ住宅を国では新進しており、外気温に影響されにくい高気密高断熱住宅が進化してきました。それに合わせて換気システムも進化し、冷たい外気を熱交換して温かい空気を取り込むロスの無い換気システムも登場しました。

高気密高断熱住宅での24時間換気法

エネルギーを消費しない省エネ住宅と言えば、高断熱高気密住宅ですが、このような住宅の場合、換気方法には気を使います。だて、寒い季節の外気を防ぎ、暑い季節にも外気を防ぎエネルギーを使わないようにするのが省エネ住宅ですから、ナイチンゲールが「換気が大事」と言って病院の死亡者数が激減したとはいえ、エネルギー的には逆行というか、ちょっとどうなんでしょうか。

ということで、省エネを徹底するならば、窓を開けるというものではなくロスナイ式換気をすべきです。ロスナイというのは商品名でして、正式名称は第一種換気といいます。

【吸気、排気とも機械で行う室内換気】
セントラル方式で吸気して全熱交換をさせて強制的に排気するタイプでは、吸気時にフィルターで花粉やPM2.5を室内に入れず、更に熱交換で外の空気温度と室内の空気温度を熱交換することで、冷暖房効率を高めるため、高断熱高気密住宅には有効です。

ベーマックス 澄家DC

■空気清浄技術/第一種熱交換型セントラル換気システムー床下換気
■空気清浄システム/床面にたまりやすい埃、花粉、臭気を床で排気し、床下換気を行って床から新鮮空気を吹きだす
■空気清浄時間/ 
■空気清浄種類/カビ、ダニ、花粉など
■価格/
澄家DC

日本スティーベル ツイン・エアー・フレッシュ

■空気清浄技術/第一種熱交換 ダクトレスシステム
■空気清浄システム/床面にたまりやすい埃、花粉、臭気を床で排気し、床下換気を行って床から新鮮空気を吹きだす
■空気清浄時間/ 
■空気清浄種類/PM2.5、アレルゲン、防臭
■価格/希望小売価格100,000円
ツイン・エアー・フレッシュ

三菱電機 ロスナイ

■空気清浄技術/第一種熱交換換気 
■空気清浄システム/外気清浄フィルター、室内の暖かさや涼しさを50%~80%再利用(熱回収)
■空気清浄時間/ 
■空気清浄種類/ウィルス、たばこ、石灰塵、誇り、バクテリア、セメント粉、カーボンブラック、ダニの糞、花粉、ダニの死骸、スモッグ、胞子、海岸砂、大気塵、海塩粒子、肺に害のあるダスト、火山灰、黄砂、PM2.5
■価格/
ロスナイ

まとめ

換気システムで、大切な要素は

■外気を取り入れる部分に空気清浄フィルターが設けられている
■外気温に室内温度が影響しない熱交換システム
■内部で循環する部分には空気清浄フィルターが設けられている
■床にたまったほこりや細菌を処理するなら、床に排気口があるとよい

トップ画像出展元:soraraさんによる写真ACからの写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る