今からでも遅くない「家」の資産価値をあげる方法

イヤシロチ化資産価値

このごろ世の中に目立つのは「建売住宅」です。
アフターコロナの時代にはリモートワークも増えて、田舎の住居で仕事をするスタイルがどんどん増えるでしょう。そのような情勢を見越してか、田舎の土地を安く買いたたいて建売住宅を建て、破格値で販売されています。3LDK二階建ての新築の家が1,500万円台で売られているのを実際に見たこともあります。土地付きですよ!?ありえない・・・

建売住宅は安かろう悪かろうで寿命が20年なんていう時代もありましたが、今の建売住宅はどうなんでしょうね。注文住宅ではありえない破格値ですから、どこかに「穴」があるのでしょう。しかし、建売住宅は便利なんですよね。家を建てる行為は楽しい反面、たいへんでもあります。自分で何も決めなくていい建売住宅に戻ってしまったのにはそれなりのメリットがあるからです。

建売の家を買ったけれども、家をできるだけ長持ちさせたいのは誰しも共通の願いでしょう。
「家が長持ちする=資産価値が上がる」を家を買ったあとでも実現できる方法があります。

住む人や植物が健康で長生きできる家

高断熱・高気密住宅は、基本的に人が快適に、健康に暮らせることを目的としています。家が長持ちするカギは、結露をさせない家です。

結露は木材の腐朽を早めますし、シロアリの温床になりがちです。結露にいかにして対策するかは、その家と家族の寿命のカギを握っています。

土地のジメジメ対策には土壌改良されますが、コンクリートをなぜるなどする土壌改良は、長い目で見ると地球にも撤去費用的にも良いとは言えないので、できるだけ環境に良い「炭」を使用した手法を選ぶとよいでしょう。

イヤシロチ化手法は地球に良い方法が採られます。

害虫が出にくい家

人の家に勝手に入ってきて害をなす虫や小動物って本当に頭にきますよね。
けれど、害虫や小動物は、餌や住処を求めて、格好の場所を選んでいます。その家は害虫や小動物に選ばれた家なんです。あなたの家がそれらを引き寄せる磁石になっています。

害虫や小動物に選ばれない家に、あなたの家がなればいいのです。
でも、消毒したり農薬を撒いたりするのは人にも良くないです。

イヤシロチ化によって害虫が訪れにくい土地と家にしましょう。

地磁気が安定し家族関係も良い家

地球の地磁気が下がってきています。地磁気は、太陽フレアなどからくる様々な宇宙光線から地球を守る役割がありますので、地磁気が下がっている土地はケガレチ(気枯れ地)とされます。

人も地磁気に影響されるので、眠れない、免疫力低下、病気になる、イライラする、ケンカをする、問題行動などが起きます。

イヤシロチ化によって地磁気を安定化に導きます。

電磁波からシールドされる家

5Gが始まり、今後ますます電磁波によるエレクトロストレスが増してくる世の中です。家においても、家電製品だけでなく、電線やコンセントから、大量の電磁波を浴びているような状況であり、アーシングなど電磁波対策は必須になるでしょう。

炭素によるイヤシロチ化で、エレクトロストレスから身を護ることができます。

脳の血流がよくなり頭がよくなる家

脳の血流が悪くなる原因は、睡眠不足、強いストレス、喫煙や高血圧・糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病の持病がある場合などあげられます。そして、交流である電磁波を受けると、生体電流が乱れて血流が悪くなったり、アトピーなど皮膚病にかかることがあると言われています。

電磁波やジオパシックストレスを受けると脳の血流が悪くなり、β波となりますが、家のイヤシロチ化によってストレス除去します。

自宅をイヤシロチ化して「家」の資産価値をあげよう!

家自体長持ちし、家族の健康状態を良好にし、ますます活躍できるようになれば、「家」の資産価値は上がります。

・新築住宅をイヤシロチ化する方法
・すでに住んでいる家をイヤシロチ化する方法
・マンションの一室をイヤシロチ化する方法
を一冊にまとめました。

建売住宅でもイヤシロチ化して長もちさせることができます。

「あなたの家のケガレチ度レベル診断シート」がついていますので、ぜひご活用ください。

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B08VGQ1BW7&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=ama92k 22 - 今からでも遅くない「家」の資産価値をあげる方法ir?t=ama92k 22&l=am2&o=9&a=B08VGQ1BW7 - 今からでも遅くない「家」の資産価値をあげる方法

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る